ストック切れ。


by shimikkk
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第39課 好久不見了

2007年7月28日(星期六) くもり

夏休みに入り、3週間。
最近、一週間が長い。
時間をもっと有意義に使わなければ。

最近、なぜか中国人によく道を聞かれる。
そんなに僕が地元人に見えるのだろうか。
それとも、試されているのか?

その度に「わかりません。ごめんなさい・・。」と
答えるが、次聞かれたら
「あっち!」
と、中国人っぽく適当に答えてやろうかと思う。

先日受験したHSKの試験結果が出た。
とりあえず「級」がついた。一番下から2番目の級だ。
目標は「級取得」だったので、まずまずといったところだ。
ただ、あと3点でもう一個上の級が取れたので、
満足はしていない。マンゾクしない。

この長い夏休みが終われば、インターン生活も終わる。
勉強だけに専念できる。
我が阪神タイガースのように一気に加速する。

できるかぎり中国語力を高めて、日本に持って帰りたい。
[PR]
by shimikkk | 2007-07-28 13:05

第38課 ボクの失敗

2007年7月13日(星期五) 晴

隣の芝生は青い。

人をうらやましく思うとつらくなるから、
なるべく人と接することはしない。
自分と他人を比べても、自分のいいところは見つからないから、
なるべく人の事には無関心でいる。

一人で決め、一人で行動し、そして一人でいることが
一番楽であるということをいつの間にか身につけている。

そして、無心になれる場所を探すんだ。

「そうやって嫌なことから逃げているのね。」

そう。
春の木漏れ日の中でキミの優しさに埋もれていた僕は
弱虫だったんだよね。


昨日、あやうく財布をすられるところだった。
一番の繁華街を歩いていたら、自分のバックが何かに
引っ張られるような感覚があったので、振り返ってみると、
パキスタン人のような顔をした男が僕のバックに手をかけていた。

男は「ナニモシテマセーーン」的な顔で離れていったが
まさかこの僕が狙われるとは思わなかった。
今まで他人の被害情報は何件も聞いてはいたが、
危険回避能力は人一倍持っていると自負していたので、
未遂であっても狙われたことにショックを受けた。

もっとも、それに気付き、未遂で終わった時点で「ヒキ強」なのだが。
[PR]
by shimikkk | 2007-07-13 22:06

第37課 猛獣王

2007年7月7日(星期六) 晴

今日は7が3つ揃う日。しかも星期⑥か・・・。

きっと業界の状況もみんなのスロットに対する情熱も
少なからず変化しているとは思うが、
僕はまだ「新台・リオパラダイス」のあの頃のままだ。
さて・・・。

そんなビッグボーナスの日を、なんとも健康的に過ごすことができた。

昼に同学たちと学校近くの水餃子屋で腹いっぱい食べた後、
植物園へ出かけた。
「植物園」と書いてはあったが、普通の公園のようだった。
池で魚釣りを楽しむ人びと。
ベンチに座って、ゆっくりと流れる時間を過ごした。

その後、やはりこの「植物園」では物足りなかったのか、
「動物園に行こう」ということになった。
タクシーで20元かけてたどり着いたそこは、
まさに「癒しの空間」であった。
ゾウもトラもウマもパンダだって・・・。
動物園って楽しいなあ。
素直にそう思えた。

それにしてもさすが中国。広い。
一山全部が動物園のようだった。全部回りきれなかった。
下次再来!

動物園までの道中、海水浴場があった。
来なければなるまい。スタイルの良い中国美女を見に・・・。

今日は、心は癒されたが、体はものすごく疲れた。
設定⑥を掴み、閉店までブン回したからさ。


a0096105_2181689.jpg後ろ姿に哀愁が漂う熊猫。
ひとりぼっちでリンゴを食べてた。



a0096105_2224274.jpg大象。彼には友達がいっぱいいるみたいだ。
ちなみにくどいようだが、やはり学割がきく。
半額60元。僕は学生なのだ。
[PR]
by shimikkk | 2007-07-08 02:29
2007年7月5日(星期四) 晴

人は悲しいくらい忘れてゆく生き物。

試験が終わり授業はない。
学校がないと中国語を使う機会が本当にない。
覚えた言葉もどんどん忘れていきそうで怖い。
別の語学学校は来週から通うことになった。
楽しみだ。

7月に入って、暑さの質が変わってきた。
日本の蒸し暑さと一緒だ。
夜になっても暑い。
窓を開けても風はちっとも入ってこない。
入ってくるのはアスファルトを刻むタイヤとクラクションの音だけだ。


「Hold Your Last Chance」長渕剛

傷つき 打ちのめされても
はいあがる力が欲しい
人は皆 弱虫を
背負って生きている

にがい涙をかじっても
微笑む優しさが欲しい
君が愛に しがみつくより
まずは 君が強くなれ

Hold Your Last Chance
小手先ではがれ落ちる美しさより
Hold Your Last Chance
ひとつぶの汗の方がいい
二度と走れぬ坂道を上ったら
Hold Your Last Chance

誰かが 人生(みち)でつまづいたら
さしのべる思いやりが欲しい
人は皆 淋しさを
背負って生きている

頬を突き刺す怖さがあっても
立ち向かう勇気が欲しい
曲がりくねった迷路で
ホントの自分を探すんだ

Hold Your Last Chance
テーブルに飾られたバラより
Hold Your Last Chance
野に咲くれんげ草のほうがいい

二度と走れぬ坂道を上ったら
Hold Your Last Chance
[PR]
by shimikkk | 2007-07-06 01:55