ストック切れ。


by shimikkk
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2007年9月27日(星期四) くもり

国慶節。
今日から学校も休みに入り、10月7日までの大連休だ。

前回の労働節では、何の予定もなく引きこもりを余儀なくされるという
苦汁をなめたが、今回は違う。

ひょんなことから、元同僚たちと共に
九寨溝・成都の方へ旅行に行ける事になった。

ああ。間違いない。
初めての「海外旅行」だ。

なにを準備すればいいのか。心構えは・・?

緊張している。

なにせこの性格だ。こんな機会がなければ、二度と九寨溝なんかには
いけないだろう。

9月29日から10月5日までの旅行。
この期間中に阪神の優勝がいつの間にか決まってしまっていたらどうしよう
などと考えていたりもしたが、
優勝の可能性が完全消滅した今、もうなにも思い残すことはない。

この「ドキドキタイム」終了後、また新しい発見があることに期待する。


・・・・・・・・・・・・・でも帰ってきたら宿題をせねば・・・。
[PR]
by shimikkk | 2007-09-27 18:26
2007年9月24日(星期一) 雨のちくもり

もうすっかり秋だ。

ペナントレースもいよいよ大詰め。

どこか緊張の糸が切れてしまったようなタイガース。

「最後まであきらめない!」と言いたいけれど・・・。

また来年。


また来年、あの外野スタンドでアイマショウ。
[PR]
by shimikkk | 2007-09-24 18:13
2007年9月17日(星期一) 晴

少し前に新しい学友ができた。

彼女の専攻は「ソフトウェア」であり、
大学で日本語の授業を受けているわけではない。
毎週土日に語学学校へ通い、日本語を勉強している。
「大学を卒業したら日本で働きたい。」とのこと。

そんな彼女の弟もこの秋から大連の大学へ通い始めたということで、
先日、その姉弟と一緒にごはんを食べにいった。

弟さんは僕と同じ大学で英語を勉強している。
もちろん日本語はまったく話せない。
気さくで明るい彼は、僕に対して、「緊張する!」を連発していたが、
お姉さんの「ゆっくりしゃべれば中国語通じるから」という言葉に
促され、恐る恐る僕に話しかけてきた。

まるではじめて「ガイジン」を見る少年のように。

気がつけば最初の緊張はどこへやら、
僕が聞き取れない速さでしゃべり続けている。
完全にイニシアチブを握られてしまった。
本当に明るい弟。
そしてそれを優しく見守る姉。

そういえば、中国人の兄弟を見るのはこれが初めてだ。

弟が席を外したとき、姉が話し始めた。
「卒業したら日本へ行って給料の高い日本の会社で働きたい。
そして、弟の分の学費を私が支払うんだ。だから今、日本語を
勉強している。」

日本では見られない、中国人の親の考え方、子供の考え方、
家庭の事情・・・・・いろいろな背景があるようだ。

僕は何を言っていいのかわからなかった。
何も言えなかった。

ちょっとええ話。
[PR]
by shimikkk | 2007-09-18 01:09
2007年9月10日(星期一) 晴

「留学生活」1日目が終了した。
日本を飛び出してから、今日でちょうど半年だ。
なんともメモリアル。

今日の午後の過ごし方。
昼食を食べたあと、また教室へ戻り、
黙々と復習した。
「追いつき、追い越せ」の勢いで復習した。
17時過ぎに腹が減ったので、食堂で夕食をすませ、
帰宅した。
19時に帰宅し、残っていた宿題を済ませた。
風呂上りにヨーグルトをひとつ食べた。

なんだこの浪人生みたいな一日は?

しかし、これだけやってもまだ時間が足りない気がするのは
なぜだ?

一日ってこんなに短いものだったとは。

そんな「浪人生」を待ち受けるのは“発展”かそれとも“停滞”か・・・。


阪神タイガースの快進撃、この目で見られないのが残念だ。
「2007年の優勝の時、僕は中国にいました。」
それはそれで、なかなかおもしろい。
ヌフフフフ。
[PR]
by shimikkk | 2007-09-11 00:02 | 大外

第46課 出愛に感謝

2007年9月7日(星期五) 晴れ

今日、半年間のインターン生活が終了した。
これすなわち、中国生活も残り半分になったことを意味する。

以前、僕は「ここでの仕事は人生の内のほんの小さな点にすぎない」
などと口走っていた。
確かに一生の内の「半年間」なんてほんとに短い時間だ。

でも短い期間ではあったが、
この会社で働いたこと、
まったく畑違いの仕事を経験したこと、
海外で仕事をしたこと(会社の中ではまさに「日本」そのものだったが・・・。)
そして、いろいろな経歴、人生観を持った人たちに出会えたこと、

すべてが、僕の貴重な「人生経験」であり、
これから先、きっと何かの役に立ち、「大きな点」になるに違いない。

・・・・と信じて、残りの「留学生活」を満喫しようと思う。

この会社で作ってきたものを、いつか一般ユーザーとして
使える日を楽しみに。


今日は会社帰りに、同事といっしょに日本風の居酒屋へ飲みにいった。
その店の入口に書いてあった言葉。

『出愛に感謝』
[PR]
by shimikkk | 2007-09-08 01:15

第45課 後半戦開幕

2007年9月2日(星期日) くもり

昨日の分班考試の結果がでた。
明日から中級D班で勉強だ。

学校へ行くと、前期の先生や同学たちと再会した。
また同じクラスになった同学、
そのまま初級A班へ上がった同学たち、
「中国文化」とかいう訳のわからんクラスに入った同学、
消息不明の同学など、さまざまだ。

一番の努力家だった韓国人の彼は、
いきなり中級B班という3段階アップだ。
おそろしいやつ・・・。

そして今日、前期を最後に北京の大学で勉強することになった
フランス人の同学から電話があった。

「久しぶり!どこにいるの!?」
「今、大連!」
「まじで!?いつ北京に戻るの!?」
「北京いくのやめた!」

なんと・・・。
彼女の笑い声は教室の外からでも聞こえるほど大きく、
宿舎ではその明るいキャラクターでほとんどの人と
友達のようだった。

そんな彼女がまた学校に戻ってきたとは、
また楽しくなりそうだ。

でも、あの日みんなで書いて集めたメッセージカード、
盛り上がった送別会、いっぱい取った写真の数々・・・。
いったいなんだったのか・・・。
[PR]
by shimikkk | 2007-09-03 01:31
2007年9月1日(星期六) 晴

8月が終わった。
と同時に、長かった夏休みも終わりだ。

昨日はなにか大きな節目を感じた一日だった。
会社では、昨日を最後に帰国する人もちらほら。
僕がこの夏休みの間通っていた語学学校も昨日で最後だった。

いろいろと親切にしてくれた先生たち。
一抹の寂しさも感じたが、
「有時間的話,再来玩儿吧!」
の言葉がうれしかった。
この夏休み中、僕の中国語も確実にレベルアップした。
・・・に違いない。

そして、9月が始まった。
今日から開学だ。
中国では、日本と違い9月から新学年が始まる。
新同学たちでごったがえす中、
僕は飛び級狙いの分班考試(クラス分けテスト)を受けた。

前期の老同学たちも、同じく飛び級狙いで受けに来ていた。
懐かしい面々。
また同じクラスで勉強できたら、楽しいだろうな。

仕事の方は、来週あと一週間で終わりだ。
使っていなかった有休3日分をまとめて使ってやろうと思ったが、
なんと「1年目は3ヶ月ごとに2日分までしか使えません。」だと。
そういうことは先に言っていただきたい。
まったく1日損した。
と、こんな愚痴を言える同僚や友達もいないので
この場にて発散させていただきます。

それにしても、我が阪神タイガース。情けない。
なぜそこでもう1点取れないか・・。犠牲フライも打てないのか・・。
残塁の山、山、山・・・。
「タイムリー欠乏症」もいよいよ重症のようだ。
でも、まあ、今日も勝ってるんだけど・・。
と、こんな愚痴を言える友達や阪神ファンもいないので
これを持ちまして、私の挨拶と代えさせていただきます。
[PR]
by shimikkk | 2007-09-01 21:11